ラクトフェリン ウィキペディア|ラクトフェリン情報館〜ラクトフェリンの効果・効能・通販情報〜

おなかにやさしいラクトフェリンの効果、効能、各メーカーのラクトフェリンサプリメントの通販情報などの総合情報サイト!

ラクトフェリンをウィキペディアで

ラクトフェリンラクトフェリンと書かれた食品が多くなってきました。

「ラクトフェリンとはいったい何なのか?」ウィキペディアで見てみると1分子あたり約80kDaで母乳や牛乳などの乳や涙、唾液、粘膜などに含まれるとあります。

熱に弱く加熱殺菌された市販の牛乳など加熱食品にほとんど含まれていないものです。

1939年にスウェーデンの学者により学術的に発表され1961年にフランスの学者により「ラクトフェリン」と命名された。

安全性には十分なデータがなく、母乳や牛乳に多く含まれる成分であり乳製品アレルギーのリスクもある。

論文での発表においては、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やすことや鉄の吸収を高め貧血を防いだり、口内炎、口臭、水虫などの改善もみられる。

発がん性物質の生成を抑え肝臓がんや大腸がんを防ぐこともある。

ラクトフェリンと表示されたものは通常牛のラクトフェリンのことが多く、血液中のラクトフェリンが増加するという論文はなくまだ不明のことも多い。

また、消化酵素により分解されたラクトフェリンはアミノ酸になったものだけ腸管から吸収されることが分かっている。

ラクトフェリンは体にいいことが解明され、健康増進に摂取することが多いが、摂り方や表示をよく確認する必要がありそうだ。




ラクトフェリン情報館TOPへ

ラクトフェリンの基礎知識

ラクトフェリンと食品

ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンとメーカー

ラクトフェリン情報

当サイトについて