ラクトフェリン 構造|ラクトフェリン情報館〜ラクトフェリンの効果・効能・通販情報〜

おなかにやさしいラクトフェリンの効果、効能、各メーカーのラクトフェリンサプリメントの通販情報などの総合情報サイト!

ラクトフェリンの構造について

ラクトフェリンは、1939年に牛乳の赤いタンパク質としてスウェーデンの学者が発見しました。

ラクトフェリンは、鉄の毒性を中和するタンパク質で700以上のアミノ酸が結合した1本鎖のポリペプチドです。

だいたい同じ数のアミノ酸からなるC末端とN末端は球状に丸くなっていて2つの球体が団子状にくっついた構造になっています。

1986年に発表されたニュージーランドの教授によると、人や牛、馬、らくだのラクトフェリンは結晶×線回折により構造が決まっているそうです。

ラクトフェリンの構造は球状の丸いタンパク質がくっついたものであることが想像できます。

このラクトフェリンが多くの効果を生み出しているというデータがあります。

赤ちゃんにあげるお母さんの母乳に最も多く含まれているラクトフェリンは、抵抗力のない赤ちゃんの免疫力アップに一役かっているのです。

牛乳アレルギーの人には向いていませんが、ない人には健康維持を保つのにとても良い役割を果たしてくれるのです。

ラクトフェリンの構造が人間の体の中で悪い病原菌を抑制してくれたり、不必要なものとくっついて排泄してくれたりするのです。

ラクトフェリンを知って、自分の健康に是非役立ててください。




ラクトフェリン情報館TOPへ

ラクトフェリンの基礎知識

ラクトフェリンと食品

ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンとメーカー

ラクトフェリン情報

当サイトについて